防鳥ネットを張る。…4月勝手連

今年も忘れずシラー(ペルピアナ)が咲いてくれました。大木の根元の固い土という厳しい環境条件の中で日当たりだけは良いのですが、肥しも水も与えてないのに、ここ数年美しい姿を見せてくれています。増殖してみたいのですが枯らしてしまうのが可哀そうでなかなか掘り上げる勇気が湧きません。今年もきっとこのままです。 4月6日、モッチャンの奥さ…

続きを読むread more

玄太と雪がやってきた

8日孫の玄太郎と竹馬の友雪(セツ)が突然やってきた。なぜか二人で「いすみに行こう」と勝手に決めたらしい。こっちの都合なぞ全く忖度なし。「どうせジージとレイ子さんは喜ぶにきまってる。何かおいしいもの食べさせてもらおう。」と決めたよう。玄太ママが二人の会話の様子をうかがいながらママさんに伝えてくるのだが、二人の会話があいまいで要領を得な…

続きを読むread more

年年歳歳花相似…枯葉ジージの同期会

昭和36年に東北大学法学部に入学し、現在東京近辺に在住する爺さん達が今年もまた皇居お堀端に集まった。 幹事が頑張ってくれてるので、少なくとももう半世紀は続いている誇らしい(?)同期会なのだ。 開催日は毎年3月6日。入学年次にちなんでいる。今回はメンバー10人。残念ながら会直前に体調を崩しした仲間が複数いて、これまでより少し減った。仲…

続きを読むread more

春に向けて…2月勝手連はお休み

いよいよ3月に入ります。畑の菜の花が満開です。蜜蜂も飛び始めました。 2月はモッチャンと豊田君が多忙で予定が立たず、チュンさんは冬眠、亭主も剪定に集中と言うことで、珍しく勝手連はお休みとしました。 とは言え亭主は12月から続いていた剪定も2月25日にはやっと終わらせたので、いよいよ待ち遠しかった春に向けてのいろいろな作業を始めること…

続きを読むread more

サポーター全員集合…正月勝手連

画像では全員には二人かけているが、毎年この時期は夏の摘み取りシーズンに負けないほど忙しい。 助けが欲しいときの地元のサポーター鈴木さんと姪の則子さん、研修中の井ノ口君が勝手連の活動日に合わせて連携作業に入った。 【1/26 鈴木さんとママさん テラス全域 第1回施肥】 【1/27 井ノ口君 挿し木、接ぎ木用穂木の地中保存】地面…

続きを読むread more